logologo

あらゆる
エンタメ好き人間が
集まる場所

あらゆる
エンタメ好き人間が
集まる場所

コンテンツプロデューサー

2003年入社

プロデュース1部
プロデュース1課

齊田 一統

Questions

Questions

Questions

Questions

Questions

Questions

Questions

Questions

Question 01
会社を一言で表すと?

楽しみ、楽しませることが
大好きな人の集合体!

Question 02
現在の業務は?

アミューズメント施設向けゲーム機や
VRZONE向けコンテンツのプロデュース業務を担当しています。

仕事内容の詳細

どんなお客様に対して、どんな遊びを提供するのか。という「コンセプト立案」から始まり、開発費の算出やビジネスプラン作成、予算確保のプレゼンテーションを行い開発をスタートさせていきます。
開発が始まれば、日々の仕様チェックやスケジュール管理、取引先様との商談、プロモーションプラン策定に至るまで、業務は多岐に渡っています。
プロデューサーは沢山の人と関わりながら仕事を進めていくため、1日中デスクに向かっての仕事というよりは、関係各所や開発現場へ実際足を運んで進めて行くことが多い仕事だと思っています。

やりがい

自分が携わった製品をお客様が「ワー!」とか「キャー!」と言いながら遊んでいる姿を見る事ができる事です!これは、お客様の姿を近くで見る事ができる「リアルエンターテインメント事業」ならではの醍醐味です。
大変だったアレやコレが本当に吹き飛ぶくらい嬉しく、やりがいになっています。
「釣りスピリッツ」という機器を初めて企画したときは、「本当に大丈夫か、お客様に楽しんでもらえるか」と不安になっていましたが、ロケテストで初めて実際の店舗に設置したところ、告知なしの状況で沢山のお子様が集まり、長い時間遊んでくれていました。
汗だくで遊んでいるお子様を見て、今までの不安な気持ちなどすべて吹き飛び、自信をもってリリースする事ができました。
やはり、お店で実際にお客様を見れるのは、綺麗ごとではなく一番モチベーションに繋がっていきます。

大変だったこと

初めてプロデューサーとして担当した製品が稼働初日に大きなトラブルを出してしまったときは本当に大変でした。プロデューサーとしての経験も浅い自分は右往左往するばかりでしたが、周りの上司や同僚たちが嫌な顔ひとつせずに率先的に動いて助けてくれました。
本当に良い人に囲まれて仕事をできていると実感する瞬間でした。
恩は一生忘れられません。

Question 03
叶えたい夢は?

ここ数年は、VRZONEのコンテンツ開発に携わってきた関係で、1つの施設を皆で創りあげていく楽しさを実感していますし、そこがバンダイナムコアミューズメントの醍醐味だと思っています。
今度は自分で店舗コンセプトからコンテンツ開発までプロデュースした新たなリアルエンターテインメント施設を創ってみたいです。

叶えたい夢は? 叶えたい夢は?
Question 04
オフの過ごし方は?

釣りに行っています!
最初は仕事の取材を兼ねて始めたのですが、面白さにはまり、今では完全に趣味になりました!
ゲームをプロデュースするのは、デジタルな物に触れる事が多いので、釣りやキャンプなど自然で遊ぶことが頭の切替にもなっています!

オフの過ごし方は? オフの過ごし方は?