logologo

日本発の新しい遊びを
世界中に広めたい!

日本発の
新しい遊びを
世界中に広めたい!

プロモーション

2016年入社

プロダクトマーケティング部
プロモーション課

毛利 理沙

Questions

Questions

Questions

Questions

Questions

Questions

Questions

Questions

Questions

Question 01
会社を一言で表すと?

アットホーム

会社全体がとてもアットホームな雰囲気ですね。
上司と部下の間もフランクに話しができる環境で、若手の意見や話もしっかりと聞いてくれます!
辛いときもお互い励まし合いながら、一緒に頑張る。そんな人達がいる会社です。

Question 02
現在の業務は?

アーケードゲームのプロモーションを行ってます。ゲームの魅力を最大限に引き出し、より多くの人にそのゲームを知ってもらい、お客様の100円投入まで導く施策を考える事が主な仕事です。
イベントの企画運営、ポスター等の販促品の制作、SNSの運用、メディア対応等多岐にわたります。

仕事内容の詳細

1年目・2年目は主にVRを担当し、バンダイナムコアミューズメントになってからは主にアーケードゲームのプロモーションを担当しております。
プロデューサーが商品の企画をスタートし、タイトル審査会というもので承認がおりてから製作が始まるのですが、審査会に出される企画は沢山あるため、実際にプロモーションを具体的に考えるのは、発売がほぼほぼ決定してからとなります。
そこからプロモーションスケジュールを考えていくのですが、製品のスケジュールがなかなか決まらない事もあるので、合わせながら一緒に考えていくことになります。これは結構大変なパターンですね笑
現在のプロモーションの体制では1タイトルにメインとサブ担当の2名でプロモーションを行っていき、意見をすり合わせながら、ベストなプランを考えていきます。メインとサブを合わせて1人あたり10タイトル程を担当し、多数のタイトルを平行して進めていくので、非常にチャレンジングでためになります!

やりがい

やはり、実施したプロモーション施策がきっかけで、お客様が製品に対して良い反応を示してくれるときですね。
イベントでお客様がたくさん集まってくれたり、SNS上で盛り上がってくれているところを見ると、次も頑張ろう!と思えます。
実際に、VRの担当をしていた時に海外からのメディア対応の担当として業務を行った際、実際に自分が担当した記事が海外のメディアに上がった時、国内だけでなく海外にも通じる仕事をしているんだと実感し、嬉しく思うとともに、プロモーションという仕事の重みを感じました。

大変だったこと

本当に個性豊かな人が働いている会社なので、当たり前ではありますが、意見が異なることがあるため、自分の意見と他人の意見をどうすり合わせて、一番良いものにしていくか。の調整をする事に苦労することがあります。
場数を踏んで、意見をしっかりと持つことができるようになれるよう、これからも色んな経験を積んでそれを自分の成長に繋げられるようにしていきたいです。

Question 03
叶えたい夢は?

元々海外事業に携わりたくて、入社を決めたという事もあり、今後は海外展開にもっと深く関わっていきたいです!例えば、最近は海外発信の流行が日本に流れ込んでくるパターンは多いですが、逆はそこまで見受けられません。なので、今後日本の「今」を世界に提供できるような仕事などができればと思っています!

叶えたい夢は? 叶えたい夢は?
Question 04
オフの過ごし方は?

友達と遊んだり、VODで映画やドラマをみています。
少し大げさですが、平日は退社後から寝るまでずっとVODをみているというぐらい映画・ドラマが大好きです!土日もやっぱり友達と映画をみることが多く、大きな映画館のある品川に頻繁に遊びに行きます。(映画館の隣には大好きな水族館もあるので、お気に入りのスポットです!)
新しいコンテンツを吸収する事で、今の仕事のアイデアをもらう事もあります。

オフの過ごし方は? オフの過ごし方は?