logologo

夢に見たエンターテイメントを
現実にしてくれる
夢のような会社です

夢に見た
エンターテイメントを
現実にしてくれる
夢のような会社です

支援・管理

2018年入社

メディア室
メディア1課

安重 柚菜

Questions

Questions

Questions

Questions

Questions

Questions

Questions

Questions

Question 01
会社を一言で表すと?

エンターテイナーだらけの会社

会社を一言で表すと?
会社を一言で表すと?
Question 02
現在の業務は?

各部署と版権元様の窓口となり、お互いの思いをしっかり汲み取って企画を実現に繋げる仕事です。

仕事内容の詳細

私のメディア室での仕事は、バンダイナムコアミューズメントの施設でキャラクターコラボを展開する際に、版権元様に対して権利の許諾をいただく営業職です。
主には「アミューズメント施設・ナンジャタウン・アニONSTATION・なぞともカフェ・キャラポップストア・VR施設」などの施設にて実施しているキャラクターを使用しての企画の許諾をいただく営業交渉を行っています。
IP施設業務の川上から川下まで、幅広く事業に携わる事が出来ています。
自分自身、企画を担当するわけではありませんが、広く版権の知識を習得し、バンダイナムコアミューズメントの各事業部のメンバーと共に版権元様に対して許諾を頂くための、欠かすことのできない大事な役割を任されていると感じています。

やりがい

キャンペーン期間中やコラボ企画実施時などは、実際に施設や会場に足を運んだり、SNSでお客様の反応をチェックするのですがお客様の反応を直に見ることで、企画に携わった多くの人々の思いがお客様に届けられたことを実感できた時はとても嬉しく思います。
私自身、特撮オタクで、大好きなキャラクターにたくさんの力をもらってきました。バンダイナムコアミューズメントが提供するコンテンツがたくさんの人々の活力や生きがいになることがわかるからこそ、我々がリアルエンタメ事業を通じて提供できることの価値は非常に大きなものではないかと考えています。

大変だったこと

社内外関わらず、本当に多くの方とやり取りする部署なので、びっくりするくらいのスピードで名刺が減っていきます(笑)。1つのコンテンツを作るのにもたくさんの人が関わっていることを痛感していますね。一方で、それだけたくさんの人がいるとお互いに意見が食い違うことも。版権業務においてはまだまだ右も左もおぼつかない私ですが、経験豊富な部署の先輩方に助けていただきながら、とても恵まれた環境下で働けているなと感じています。

現在の業務は?
現在の業務は?
Question 03
叶えたい夢は?

小さい頃から特撮が大好きで、大好きなキャラクターに関わる仕事がしたいと思ってバンダイナムコアミューズメントに入社しました。ですから、入社2年目でいきなりこのようにたくさんのIPに関われる仕事ができ、ものすごくテンションが上がってます! 1年目の店舗経験で培ったVR機器やロケーションの知識、現場のリアルな声を武器にしながら今後はIP版権営業のみならず、プロモーションや広報活動を通じて、より多くのお客様に楽しんでもらえるIPコンテンツを届けられるような業務にも関わってみたいです。
キャラクターの世界と現実世界の境界線が今よりももっともっとなくなったような、新しい形のエンタメを作れたら嬉しいですね。

叶えたい夢は?
叶えたい夢は?
Question 04
オフの過ごし方は?

休日は友達と好きなキャラクターのコラボカフェに行ったり、舞台やヒーローショー、スポーツ観劇など、実際にIPやコンテンツに触れることのできる場所に行くことが多いです。
平日の仕事の後は、ネット配信などで自分が担当するIP作品をチェックしたりします。
私は一度ハマると全力でのめり込んでしまうタイプなのですが、それくらいエンターテイメントには人を動かす力があるということを、自分の趣味から実感させられることが多いですね。

オフの過ごし方は?
オフの過ごし方は?